Workshop Spirit

- “ワークショップの魂”を探る

ワークショップの源流を探求し、己の魂を研ぎ澄ます、
若手実践者のための短期集中型学習プログラム

Produced by Mimicry Design Inc.

About

次世代を担う実践者へ。
ワークショップの真髄を体感し、修得する

時代を築いた先駆者や、他の領域の実践者の思想を編み直し、
エキスパートとして活躍するための土台を築く

12名限定。少数精鋭で学ぶ、ワークショップの源流

12名を定員とし、少人数制を活かしたアウトプット志向のプログラムを展開。エキスパートとして自立するために必要なワークショップのエッセンスを学びます。

実践と省察から学びを深める実践型プログラム

プログラム参加者は、自身のワークショップスピリットを活かしたワークショップを設計・実施。その後省察を通じて、今後の活動の軸となりうる深い学びを促します。

多角的な知見を集約し、自らの原点を再構成する

「創造性」や「組織開発」など講師の専門性に基づく学術的知見から、様々な領域の参加者の原体験までを収集・統合し、各自のワークショップの原点をアップデート。

Mentor

“魂”のアップデートを支える業界最高峰の講師陣

中野民夫・中原淳・安斎勇樹。
時代を牽引する3人のエキスパート実践者による、本プログラム限定の特別講座

中野 民夫 / Tamio Nakano

 

東京工業大学 リーダーシップ教育院・リベラルアーツ研究教育院教授 ワークショップ企画プロデューサー。
1957年生。東京大学文学部卒。30年の広告会社勤務後、同志社大学教授を経て、 2015年秋から現職。大教室でも参加型の授業を展開。1990年前後に休職留学し、カリフォルニアの大学院CIISで組織開発やワークショップについて学ぶ。以後、 会社勤めの傍ら、人と人・自然・自分自身をつなぎ直すワークショップやファシリテーション講座を、Be-Nature Schoolなどで実践。公益社団法人日本環境教育フォーラム理事。主著に『ワークショップ』(岩波新書)、『学びあう場のつくり方』(岩波書店)、『みんなの楽しい修行』(春秋社)などがある。

中原 淳 / Jun Nakahara

http://www.nakahara-lab.net/

立教大学 経営学部 教授(人材開発・組織開発)。
立教大学経営学部ビジネスリーダーシッププログラム(BLP)主査、立教大学経営学部リーダーシップ研究所 副所長などを兼任。博士(人間科学)。
北海道旭川市生まれ。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院 人間科学研究科、メディア教育開発センター(現・放送大学)、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学講師・准教授等をへて、2018年より現職。
「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人材開発・組織開発について研究している。著書に「職場学習論」(東京大学出版会)、「経営学習論」(東京大学出版会)などがある。

安斎 勇樹 / Yuki Anzai

http://yukianzai.com/

東京大学大学院 情報学環 特任助教。
株式会社ミミクリデザイン 代表取締役。
NPO法人Educe Technologies 理事。
私立武蔵高校、東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。商品開発、人材育成、地域活性化などの産学連携プロジェクトに多数取り組みながら、多様なメンバーのコラボレーションを促進し、創造性を引き出すワークショップデザインとファシリテーションの方法論について研究している。主な著書に『ワークショップデザイン論-創ることで学ぶ』(共著・慶応義塾大学出版会)、『協創の場のデザイン-ワークショップで企業と地域が変わる』(藝術学舎)がある。

Schedule

講座スケジュール 一覧

講座は全6回。ワークショップのスピリットに触れたのち、
スピリットを活かしたワークショップを企画・実施するプログラムを予定しています。
全日程への参加が必須となっております。日程をご確認の上でお申し込みください。

2月28日(木) 募集開始
定員:12名(最小催行人数:10名)

全日程への参加が必須となります。

3月28日(木)18:00 締切

事前課題がございます。応募フォームよりご確認の上、お申し込みください。

3月30日(土) 合格発表

応募いただく際の事前課題の内容をもとに、参加者を選抜します。
選抜に通った方にも通らなかった方にも、10:00以降順次メールにてご連絡いたします。
合格発表後、合格者の方には参加費のお支払い先をお送りします。

4月13日(土) 10:00-16:30
@本郷三丁目
DAY1「キックオフ - ワークショップスピリットへの旅立ち」※終了後懇親会あり

※リリース当初より開催時間が変更となりましたのでお気をつけください。プログラム参加者のワークショップに対する想いや原体験を共有し、
ワークショップのスピリットをともに探求していく“旅”の仲間として結束を固めるワークを行います。

5月19日(日)10:00~17:30
DAY2@本郷三丁目
「ワークショップのスピリットを体感する」
(担当・中野 民夫)

カリフォルニアに留学後、組織開発を学び、素晴らしいワークショップと出会い、帰国後、人と人・自然・自分自身・社会をつなぎ直すワークショップを実践してきました。約40年に渡るワークショップとの関わりのなかで、大きな影響を受け、大切にしているエッセンスを、皆さんと「プチ体験」する場を予定しています。「私にとってワークショップって何だろう?」(仮)をテーマに、一緒に楽しく探究したいと思います。
①オリエンテーションを明確にするOARR、②出会いを促すデートゲームやチェックイン、③身心をほぐすボディワークやマインドフルネス、④「えんたくん」でワールドカフェ、⑤サークルとトーキングスティック、⑥プログラムデザイン曼荼羅、⑦オリジナルソング等、お楽しみに!

6月15日(土)10:00~16:30
DAY3@本郷三丁目
「創造性からワークショップのスピリットを探る」
(担当・安斎 勇樹)

ワークショップは「伝達の場」ではなく参加者同士のコミュニケーションによる意味生成の場、すなわち「創発の場」として100年以上にわたってさまざまな領域で実践されてきました。ワークショップの源流、そして方法論としての本質について探求する上で、人間の創造性について、また創発が起こる場の原理について考えることは不可欠です。
創造性とはなにか。創発とはどのように起こるのか。その他のアプローチに対して、「ワークショップ」はなぜ創発の場として重宝されるのか。本セッションでは、事例と理論の解説やディスカッションを通してこれらの問いに迫ることによって、「創造性」の観点から「ワークショップのスピリット」をさぐります。

6月29日(土)10:00~16:30
DAY4@本郷三丁目
「組織開発からワークショップのスピリットを探る」
(担当・中原 淳)

このセッションでは「組織づくりに資するワークショップ(=組織開発)」に焦点をあて、その歴史をたどります。そのプロセスで、受講生の皆さんは、「ワークショップ」という思想的実践の「源流」を感じることができるでしょう。参加者が何かの「気づき」を感じることのできるワークショップをつくることには、ワークショップを「実践するひと」の保持する価値観・倫理(スピリット)が大きな影響を与えます。
しかし、「ワークショップの個別の手法」について語る既存の言説は多いものの、ワークショップのスピリットに関しては、あまり人口に膾炙しているとは限りません。本セッションでは、「組織開発」の観点から「ワークショップのスピリット」をさぐります。

7月13日(土)10:00-16:30 DAY5
@本郷三丁目
「ワークショップのスピリットと自分」

各講師の講座の内容で得られた知見を整理し、改めて自分のワークショップの原点と統合・再構成するワークを実施します。
また、後日プログラム参加者ごとに任意の日程で開催されるオリジナルワークショップの設計を行います。

任意の日程 
「ワークショップのスピリットを活かしたワークショップを公開・実施」

DAY5からDAY6の間に、プログラム参加者には「ワークショップのスピリット」を活かしたオリジナルのワークショップを企画し、任意の日程で実践していただきます。
実施場所として、ミミクリデザインのワークショップスタジオをご使用いただけます。

9月28日(土) 10:00~16:30 DAY6
@東京
「ワークショップスピリットの開花 -実践報告会」※終了後懇親会あり

外部のオブザーバーを招いた上で、実施したオリジナルワークショップの実践報告会を予定しています。
講師から講評を通じて、エキスパートへと成長するための最後の仕上げを行います。

Application Requirements

事前課題について

事前課題を用意しております。
「志望理由」および「ポートフォリオ」はご応募いただく際に提出をお願いいたします。
課題図書はDAY1までにご一読ください。

志望理由

ワークショップを始めたきっかけ、ワークショップを通して誰に何を届けたいのか、世界をどう変えたいのか等1000~2000字程度で自由にお書きください。

ポートフォリオ

ご自身のワークショップについての、開催レポートやポートフォリオの提出をお願いいたします。
形態はPDFでもWEBサイトでも構いません。

課題図書

『組織開発の探究』(第1~3部)『協創の場のデザイン―ワークショップで企業と地域が変わる』『ワークショップデザイン論ー創ることで学ぶ』の3冊を4/13 DAY1までにご一読をお願いいたします。

Pricing

受講料

240,000


受講料には全6回の参加費・DAY1とDAY6の懇親会費を含みます。
[お支払い期間: 4/1 ~ 4/8]※合格発表後

分割払いが可能です。詳細は

こちら

お申し込みはこちら

Message

講師陣からのメッセージ

本プロジェクトの詳細について、講師の3名に語っていただきました。
ぜひご覧ください。

FAQ

よくあるご質問

Q.

誰でも参加可能ですか?

A.

誰でも参加可能です。
ただし、プログラムの中で、ご自身で企画・実施されたことのあるワークショップのリデザイン・実施をしていただくため、ワークショップの開催経験がある人を主な対象としております。領域およびワークショップの詳細など形態は問いません。

Q.

開催場所はどちらですか?

A.

基本的に、本郷三丁目/東大前駅から徒歩圏にあるミミクリデザインのワークショップスタジオ( 東京都文京区本郷6丁目16-3 幸伸ビル2階)を予定しております。
詳細は参加者の方に直接お送りさせていただきます。

Q.

申し込み後のキャンセルはどのようにしたらよいですか?

A.

3月30日の合格発表後、3月31日までのキャンセルについてはキャンセル料は発生しません。
4月1日から4月7日までのキャンセル料が50%、4月8日以降については全額のキャンセル料(100%)がかかります。

Q.

分割払いできますか?

A.

分割払いも対応しております。分割でのお振込となりますので、ご希望の方は申し込みフォームで分割払い希望を選択してください。
詳細はお申し込み後に個別にご案内をさせていただきます。

Q.

全日程参加できない場合はどうしたらよいですか?

A.

基本的に全日程参加を必須としておりますので、全日程参加できない場合はお申し込みいただけません。ご了承ください。

超一流の講師陣とともに、
ワークショップの源流を探る。

お申し込みはこちら